Home > メンタル > ココロのクスリ Archive

ココロのクスリ Archive

アモバンの副作用~苦い睡眠薬

悪評高い(?)ハルシオンと同系統の、「超短期型睡眠薬」で、 スコーンと眠れると言われるアモバンには珍しい副作用があります。

服用した次の日まで1日中、口のなかが苦いの(涙)

薬そのものが苦いわけじゃなくて、 服薬するときは、他の薬と同じようにゴクッと飲めます。

ただ、問題は翌日。
終日ニガーに悩まされました。私の場合は。

専門書にも、副作用の欄に「口中の苦み」とあるので、 わたしだけの副作用じゃないと思うけど...
とりあえず、銀ハルとか、ブロバリンとか、イソミタールとかラボナとかで頑張ります^^

胎盤注射の効果 - プラセンタ注射

いつもの病院で「胎盤注射」なるものを打ってきました。

※ ちなみに病院で注射をせずに、家庭で手軽に飲めるプラセンタがあります。

>> 飲むプラセンタ(初回限定:2,980円+送料無料)
※通常価格より3,420円OFF
※プラセンタ30,000mg含有

ノリ的には「なんか疲れてそうだから、一本逝っとく?」みたいな感じで(笑)
ちょちょちょ。ちょい待って。
そもそも胎盤注射ってナンスカ?(汗

ってことで、インフォームドコンセントを求めました。
そしたら読んで字のごとく。 胎盤から抽出したエキス・・・エキスでいいのか・・・を注射で打ち込むと。
ちなみに皮下注射です。

以前から言われていることで研究も進んでいる分野だけど、 胎盤には免疫力を高める効能とか他にもいっぱいあるらしいです。

曰く 「 更年期障害 」
曰く 「 アトピー性皮膚炎 」
曰く 「 花粉症 」
曰く 「 うつ病 」(←これ、ちょっと謎)
曰く 「 肌荒れ 」

豚の胎盤だがな!(注1)

ちなみに、保険の適用は「更年期障害」だったかな。
でも、サクラが行っている病院では、保険適用外でも2,000円でした。
皮下注射で効果は1週間から2週間くらい。 最初は毎週打った方が良い(効果的)みたいです。

ってことは1ヶ月が4週間だとすると...
1ヶ月にかかるのが、4回x2,000円(= 8,000円)+診察料+交通費+時間で1ヶ月に1万円前後かかっちゃうのか。
1年で計算すると・・・単純計算でも12万円!

た、たけぇ...

サクラは隔週で病院に行っているから、ついでに打ってもらったり、 疲れてる時だけ打ってもらったりしてるから意識しなかったけど・・・ みんな基本的に、そんな病院(クリニック)行かないでしょ。

注1) ネット通販で発見しました。隊長。
プラセンタっていう豚の胎盤から抽出したエキスが。
※豚は人間に近いので、移植用の皮膚に使われることもあるくらいです。 ポークだけじゃないぞ。豚。

>> 正規販売店で詳細チェック

安いな、オイ。6,400円が2,980円送料無料だと
初回限定のトライアルセットだけどね。

デパスの副作用と依存

デパスという精神安定剤に使ったり、睡眠導入剤に使ったりする薬があるのですが、その副作用について辞書と経験から記述したいと思います。

まず、デパスの副作用として挙げられるのが眠くなること。
これは精神安定剤としてだけでなく、睡眠導入剤としても処方されているので、安易に副作用と言うわけにはいきませんが...安定剤として使っている私にとっては副作用です。

また、依存性が挙げられます。
これは、どんな薬にもあることなのですが、長期間服用しているとその薬に依存する可能性が高くなります。極端な話、覚醒剤を使用していると必ずと言っていいほど依存しますが、そこまで強くなくても、依存性はあります。

他に重大な副作用としては、呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス、悪性症候群、横紋筋融解症、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸などがあります。

また、前記したように眠気、ふらつき、めまい、肝機能異常、呼吸困難、動機、口渇、過敏症、健忘などがあります。

個人的に感じている副作用としては、眠気と依存、そして口渇でしょうか。
もっとも他にも多くの薬を服用しているので、デパスだけが原因か不明ですが。

ただ、デパスはファーストチョイスに使われるくらい安全な薬なので、上記のような重篤な副作用がでることは少ないと思われます。
肩こりにも効くといったようなことも聞いたことがありますので。

依存性もリタリンなんかとは比較にならない程、低いですから(リタリンは覚醒剤の20分の1くらいの依存性があります)。

デパスの副作用

デパス(精神安定剤)の副作用について。私も愛用(笑)しているので、辞典を調べながら書きたいと思います。

デパスは精神安定剤(マイナートランキライザー)に使ったり、睡眠導入剤に使ったりする薬があるのですが、 その副作用について辞書と経験から記述したいと思います。

まず、デパスの副作用として挙げられるのが眠くなること。

これは精神安定剤としてだけでなく、睡眠導入剤としても処方されているので、 安易に副作用と言うわけにはいきませんが... 安定剤として使っている私にとっては副作用です。(注1)

注1)
肩こりが軽減されるという報告もありますが、 これは副交感神経が刺激されて、緊張が解消(軽減)された結果であると言われております。
理解・知識のない方は「精神安定剤で肩こりが治まるハズがない」と断言する傾向にあるようですが、薬理作用を考えてみるとごく自然な現象かと思います。

また、非常に弱くはありますが、依存性が挙げられます。 これは、どんな薬にもあることなのですが、長期間服用しているとその薬に依存する可能性が高くなります。 極端な話、覚醒剤を使用していると必ずと言っていいほど依存しますが、 そこまで強くなくても、依存性はあります。

他に重大な副作用としては、呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス、悪性症候群、横紋筋融解症、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸などがあります。

また、前記したように眠気、ふらつき、めまい、肝機能異常、呼吸困難、動機、口渇、過敏症、健忘などがあります。

個人的に感じている副作用としては、眠気と依存、そして口渇でしょうか。
もっとも他にも多くの薬を服用しているので、デパスだけが原因か不明ですが。

ただ、デパスはファーストチョイスに使われるくらい安全な薬なので、 上記のような重篤な副作用がでることは少ないと思われます。

依存性もリタリンなんかとは比較にならない程、低いですから (リタリンは覚醒剤の20分の1程度の依存性があると言われております)。

Index of all entries

Home > メンタル > ココロのクスリ Archive

Search
Feeds

Return to page top