Home > WEB Archive

WEB Archive

売れるネットショップと売れないネットショップ

売れるネットショップの条件」
売れないネットショップの条件」

ってことで、ニュースサイトに記事を見つけたんだけど、なかなか独特の視点で非常に面白かったです。
URLは本文の最後に記載します。

たしかにネットショップは腐るほどあるけれど、
一瞬でも黒字にすらならないショップも腐るほどあるのが現実です。
実際、廃業するショップも多々ありますので。

もちろん商品力、ブランド力、ブランディングも大切だけれど、それ以上に大切なのが集客とお客さんを逃がさないサイトであること。

せっかく来てくれたお客さんを逃がしてしまうようサイトではお客さんが来ないのと同じ。
いや、悪い印象を与える分だけマイナスかもしれない。
そもそもお客さんが来ないサイトはリソースの無駄かもしれない。

んじゃどうすれば良いのか。
お客さんが来ないなら呼び込めばいい。
これはリアルもネットも同じ。もっともネットでどう呼び込みをすれば良いのって人は個人的に相談してください。PPCなりSEO・SEMなりで、呼び込む方法はストックされてきているので^^

では、呼び込んだお客さんを逃がさない為にはどうすれば良いのか、っていう肝心な部分はネタ元に譲るとします。

着眼点は普通だけれど、切り口が独特で面白かったので。

ネタ元
http://japan.internet.com/busnews/20080303/6.html

SEOをかけてくれって頼まれました

  • Posted by: サクラ
  • 2005年12月26日 00:18
  • SEO | WEB

某氏から「このキーワードでSEOをかけてくれ」と依頼されました。

が、そのページを見てみたらフレームを切ってるんですよ。
まぁ、フレームを切ってるとH1タグとか使い放題だし(笑)、楽といえば楽なのですが(ページ内要因は)出来たらフレームじゃない方が良かったなぁ。

個人的に、そのサイトを私が作ったと思われるのが嫌なんですよ。
Yahoo!で上位表示されれば良いとのことなんで、このブログからもリンクを貼るかもしれませんが...

もうSEOってページ内要因は当然ながら、インバウンドリンクの世界ですから。 幸いなことにAdSenseを外した影響か、Yahoo!のペナルティ(?)もなくなったし、このブログからリンクを貼るだけで強いと思うんですよねぇ。

まぁ、一番手っ取り早いのはPPCをかけちゃうことですけど(笑)。
それなら確実に上位表示というか...1ページ目に表示させられますから。ただ、単価が高そうなんだよなぁ。

※2009年現在、オーバーチュア、GoogleAdWords共に入札単価だけでなく、 品質インデックスや品質スコアおよび関連性も必要となっています。

そう。PPCの単価といえばGoogleはYahoo!より高いですよねぇ。商売で成立しているからOKなんだろうけど、徐々にGoogle離れが進んでいくんじゃないかと予測しています。

検索エンジンでも日本では圧倒的にYahoo!が強いですから。かくいう、このブログも上位はYahoo!からの検索が占めています。

そういえばパソコン教室に来ているお客さんで、 Yahoo!で検索したページを全部Yahoo!のコンテンツと思ってる人もいたなぁ。検索エンジンってのをよく理解してなかったんでしょうけど。

最近では、Yahoo!で検索することも知らないお客さんもいたしなぁ。ま。初心者に説明するのは嫌いじゃないし、お客さんなんで気長に説明しましたけど、そういうお客さんに限ってパソコンなら何でもできると思っちゃってるんですよねぇ。

って話が脱線しすぎですが。
SEOは検索されるキーワードを提案してやっていきます。上位表示されたら5万なんで(笑)。

Index of all entries

Home > WEB Archive

Search
Feeds

Return to page top